フランチャイズ

フランチャイズの選び方探し方

未経験から参入できる注目のフランチャイズは?

フランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズという言葉を聞いてまず思い浮かぶのはコンビニエンス・ストアでしょうか。駅前など良い立地にはさまざまなコンビニの店舗が営業しています。最近ではクリーニング店、レストラン、ラーメン屋、不動産業者などでもフランチャイズによるものが増えてきています。

 

フランチャイズというのは、本部となる企業(フランチャイザー)が商標やロゴマーク、サービスの方式や品揃えなどを、加盟店や加盟者など(フランチャイジー)に特権として与えるビジネスモデルのことで、商売に関するさまざまなノウハウなどを与えられる代わりに、加盟店は本部に対して一定の対価を支払います。

 

フランチャイズの動向に関しては、1975年度以降のデータが残っていますが、さまざまな業種がこの方式を取り入れることが多くなり、これまで一貫して件数は伸びています。これはオイルショックやドルショック、円高やバブルの崩壊、世界同時不況など大きな産業界を揺るがす事件が起ったことを考えれば特筆すべきことです。

 

フランチャイズの方式は今やあらゆる業種で取り入れされています。例えば、ハウスクリーニング、ペットショップ、リフォーム店、美容室や理容室、ネットカフェ、運送業、不動産業、居酒屋、宅配弁当、総菜屋、寿司屋、ピザショップ、カフェ、焼肉店などといった具合です。

 

一口にフランチャイズで独立・開業すると言ってもこうした様々な業種の中から、あるいはFC本部の中から自分に合ったものを見つけなければなりません。

 

フランチャイズ独立・開業の成功の鍵はいかに優秀なFC本部を探すかということが最も大事になります。
>>日本最大級のフランチャイズ情報サイトで優秀なFC本部を探す

フランチャイズの資料比較のポイントは?

フランチャイズの資料比較のポイントとしては、どのようなことが考えられるでしょうか。

 

フランチャイズの資料は、それこそ山のようにあります。ネット上で検索をかけると、ありとあらゆるフランチャイズの情報を見ることができます。こうなると多くの資料を比較検討する必要が出てきます。

 

資料を比較する際のポイントはいくつかありますが、まずはどのような業種にするかということが、一番重要です。なぜならば業界の景気は常に推移します。今、花形のフランチャイズであっても、10年後にも花形であり続ける可能性はひじょうに低いと言わざるを得ません。それほど日々、さまざまなビジネスモデルが登場しているのです。

 

どのような分野のフランチャイズがこれから人気が上昇するのか、そのトレンドはしっかりと把握しておかなければ、5年後、10年後の収入に大きく響くことになります。

 

一つ例をあげるとすれば、弁当屋のフランチャイズは、10年前はトレンドでしたが、現在ではコンビニなどでも同等かそれ以上の内容の弁当を扱うところが多くなり、弁当屋の需要は低迷しています。このようにこれから以降の未来の人と、物と、お金の流れを想像して、最も堅実であると判断したフランチャイズを選択することが、何よりも重要です。

 

次に資料を比較する際のポイントは、自己資金がどの程度出せるかということです。フランチャイズの資料などでは、自己資金ゼロの場合でも、お店を出すことが可能という点をアピールしていることもありますが、このような場合でもすぐに飛びつくのではなくどのようなリスクがあるかを十分見極めることが大切です。

 

万が一売上が上がらず、負債を背負う羽目になると人生が台無しになってしまいます。またマイナスにはならなかったとしても、働けど働けど儲けが少なく、気が付くとワーキングプアになっていた、などというのでは困ります。

 

またフランチャイズでは同じ会社であっても、自己資金や店舗の有る無しなどによってロイヤルティと呼ばれる、いわばネーム使用料のパーセンテージが大きく異なってきます。また場所探しから依頼するような場合には、なるべくにぎやかな商店街や人通りの絶えない場所にある店舗が確保できるかどうかがカギとなります。

関連する参考サイト紹介

自宅開業 | 主婦の副業 | 副業と内職 | 主婦の起業 | 個人事業主で独立開業

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ